招き猫は福を呼ぶ

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 地域猫
  2. [ edit ]

命と向き合うことが… 切ない…

こんにちは~~(^^;)
最近、ご無沙汰のゴンママです!
出勤前のバタバタ更新です(^◇^)

いつも、応援して下さる皆さまありがとうございます!
皆様に感謝をしての活動です!

身近でわたしを支えて下さる有志に恵まれ、心にぽっかりと穴が開いても、
直ぐに元気を取り戻し何とかやっていけてるゴンママです(#^.^#)
同じ想い、同じ気持ちの仲間に囲まれて…、常に感謝感謝のわたしです。
ありがとうございます。

突然に動かざるえないことに、ぶち当たるわたし…。
これでもか!これでもか!と行き場のない猫ちゃんのレスキューを頑張ってきましたが…。
ここに来て、涙、涙、涙です。
相変わらず、自分勝手に自己満足で動いておりました。
「不幸な命は産ませない!!!産ませてはいけない!!!」と常に思っていますが…。
至る所に猫さんは沢山います。
ゴンママ餌場の猫ちゃんたちにも日々胸を痛めながらの餌やり…、
「この冬も頑張って、生きるんだよ~!」と声掛けしながら…。


11/8にやっと元を断つという意味で「K公園」のお母さん猫の捕獲の為に家族が寝てからコッソリと現場に向かった。
平日にはご飯を貰えるけど、週末は貰えていないことを知っているから…。
日曜日狙いで出かけた。

外猫さんを愛して止まない方々に視察に行ってもらった際、「ご飯のお皿が撤去されていますよ~!」との連絡が入る。
「まだママ猫が残っているからご飯を置いて帰って欲しい…」とお願いをしておりました。

そして、いよいよ11/8日曜日にゴンママが動き、植え込みを覗いたところ、またお皿が撤去されていた(>_<)
「どんなにか、お腹をすかせていただろう…」と、悲しくなる。
1日数回は必ず、ママ猫は公園にやってくると聞いていたので、不憫に思う。

ビニール袋に反応をする猫たちだったので、カシャカシャとビニールの音をさせながら、
うしまるさんと会話をしながら公園内を探索する。
DSC_1106.jpg
そんな時、自転車置き場の陰から顔を出した猫さんをターゲットに保護器を設置。
周りが暗くてママかどうかの判断はつかなかったものの(>_<)設置した。
DSC_1107.jpg

保護成功
DSC_1109.jpg
どうか、ママであって欲しい…。と願い帰宅。

ひとつの現場をゼロにするという強い思いがないと、TNR活動は出来ませんし、手を出してはいけないと思うのです。
1匹でもメス猫さんを残すと、また、産まれてしまいます。
負のスパイラル…。
1つの現場にかかる日数は早くて1か月。3か月かかることも多く、TNRは徒労に終わる大変な作業なんです。

帰宅後、保護器では狭くて可哀想とケージに入れ替えて、かびごんサンから頂いたベットにママを入れた。
151109_002120.jpg
朝9時にベットごと洗濯ネットに入れて動物病院に搬送。

全頭の保護完了に安堵して出勤しようとしていたところ、獣医師から連絡をもらう。
「大変です!お腹を開けたら出血がすごい!」と。

わたしに保護される前に交通事故にあっていたようで、子宮付近が内出血とのこと。
あわてて病院に向かいママと対面。
DSC_1125.jpg
リリースしますか?引き取りますか?
万が一助かったとしても短命だと思う…とのことでした(ノД`)・゜・。
助かったら連れて帰るので最善を尽くして欲しい…と言い職場に向かった。
左が健康な猫のレントゲン
右がママ猫のレントゲン
DSC_1126.jpg

内出血で血の海だったママのお腹の中(子宮付近)
DSC_1137.jpg
職場に向かったものの会社を休み、Uターン。

色々とネットで調べたわたし。
横隔膜ヘルニアの猫さん出産の記事を見つける。
↓↓
「横隔膜ヘルニアの猫が出産しました。4匹誕生いたしました。
どうして避妊手術をしないかというと、横隔膜ヘルニアという病気を抱えているから。
手術をしないと治らない反面、手術がとても難しく、なおかつ死に至る病気ではないこともあり、医者と相談し様子を見て、このまま生きて行くことにしたほうがよいかどうか判断しているところです。

生き物の体は人間も動物も同じく横隔膜によって上半身と下半身の内臓に分かれていて横隔膜に小さな穴が空いている為に下の内臓(胃腸)が、穴から上半身へ入り込んでおり、心臓と肺のまわりになんと腸があるという、実に難しい体になっていて、そして手術をするために一度開腹すると、それまで真空だった上半身(心臓、肺があるところ)に横隔膜の穴から空気が入ってしまうため、手術をすることによって、生き続けていけるはずが、その時点で死に至る可能性があるというのです」と。

わたしは避妊手術が引き金になって死んでしまうという恐怖でした。
もともと先天性横隔膜ヘルニアだったところに、交通事故に遭っていたのだろうとのこと。
結局、牛柄ママは手術後に亡くなってしまいました。
私はママを殺してしまった罪悪感で、立ち直れず(>_<)

哀しみの中、ずっと私が探していたお母さん猫かどうか?
病院で写真画像の猫と亡骸の猫の柄をを照らし合わせて確認した。

死んでしまった牛柄ママ…
あふれる涙をふきながら柄の確認…。涙が止まらない…。
DSC_1130_20151113113053c48.jpg

間違いなくわたしが、ずっと探していた猫さん。
よさこいのイベント会場で鍋を舐めていた猫さん。

牛柄ママは亡くなってしまいました(ノД`)・゜・。
12208525_1503251883302622_1809296897467725693_n.jpg

こんな元気だったのに…
DSC_0637 (1)
避妊手術が引き金になって…。
私が殺してしまったと…
悔やんでも悔やみきれない思いでおります。
何とも、切なく哀しい涙・涙の日々を過ごしております。

外を自由に生きている猫さんを保護器で捕まえて、怯えさせて、震えさせて…
病院に搬送をして避妊手術をすることに対して、私が慣れることは決してありません。

いつも、猫さんに伝えます。
「ツラい発情・妊娠・出産・子育て…大変だったね。もう、しなくていいんだよ~!」と語りかけて搬送します。
こんな徒労に終わることお金のかかることを誰も好んではいたしません。
外の猫さんに不幸な命を産ませないため!ただ、それだけの思いです。
猫が可哀想だからこそ動くんです。
そこに付随する人間関係には、まったく興味のないわたし。悔しいけれど、えさやりさんとも仲良しになります。
リリースした子のご飯の確保が優先だから……(ノД`)・゜・。

先日の足切断猫さんに続き、今回の件は、あまりにも悲しくて立ち直れないわたしです。
白黒ママに申し訳ない気持ちでいっぱいです(ノД`)・゜・。
K公園は、子猫三毛ちゃん(アベさん保護)1匹と白黒5匹、そしてママ猫のすべて保護を完了いたしました。
結果、哀しい結末にはなりましたが…
ママ猫の分まで子猫ちゃんたちの幸せを考えてあげようと思います。
K公園白黒family6匹の医療費は116,789円かかりました。
ママ猫の手術代はレントゲン、血液検査を含み37,000円のところ13,250円の値引きをして下さって25,650円のお支払い。
10/11
鼻気管炎治療2,700円

10/13
インターキャット1瓶購入
6,150円

10/13
最初に保護した2匹
コンベニア・ブロードライン・補液
11,300円

10/17
ハチワレちゃん検便
コクシ薬
2,120円

10/18
ウィルス検査3匹・風邪の酷いハチワレちゃん以外のワクチン代・風邪薬
14,060円

10/24
インターキャット点眼
540円

10/24
風邪の酷いハチワレちゃん以外の3匹不妊手術(雄2・雌1)
35,219円

10/26
10/25最後の子猫保護
不妊手術・風邪治療・ウィルス検査・ワクチン・内外駆虫
15,450円

10/28
結膜浮腫にてマスクちゃん(3番目に保護)治療
3,600円

11/9
横隔膜ヘルニア白黒ママ猫の手術代金
37,000円のところ
25,650円
(合計)
116,789円
DSC_0046_20151113082005b9f.jpg

DSC_0047_2015111308200636c.jpg

DSC_0048.jpg

DSC_0049_20151113104628159.jpg

DSC_0050_20151113082657bbb.jpg
公園の猫さんの為に身近の方よりカンパを頂いております。
あべ様20,000円
W松様32,000円
金田様11,000円

ハチワレくん里親みうら様
10,000円
(合計)
73,000円
(自己負担)
43,789円でした。


前回の交通事故の切断猫さんの手術費
32,000円に関しては、うしまるさんから2万円のカンパを頂きました。
DSC_0051.jpg
(自己負担)
12,000円でした。

青葉区K地区は沢山の成猫&たくさんの子猫の保護で、
総額247,874円かかっています(ノД`)・゜・。
地域のOご夫妻からのカンパ22,000円を頂いております。
(自己負担)
225,874円でした。

ゴンママ宅の保護猫の治療費・夫の依頼現場残金分獣医師にお支払い済
160,440円です。
(デジカメを失くした為領収書の写真は、今晩から掲載をいたします。すごい枚数なんです)
9月から10月までの間にこれだけの医療費…在りえない(>_<)
ゴンママさん、出すだけ出したヘソクリは、もう底をつきました。

ゴンママ餌場に今、3匹のオス猫さん出没をしております。
(ターゲットの猫くん)
DSC_0022.jpg

DSC_1082.jpg

その他パチンコ屋の親子猫さんを家に入れてくれたおじさんにも、三毛子猫の避妊をする約束になっております。
今年中に手術をしなければならない猫さん4匹。
しかし、自分の餌場の猫さんは後回しになっています。
今後は自分の足元の改善を…と思っています。
今回は3本脚の猫さんレスキューで胸を痛め((+_+))
今回のママ猫死亡で…ガクンと力が抜けてしまいました(ノД`)・゜・。
お外の猫さんは過酷な環境の中、必死に生きています。
太く短い猫生です。
TNR後に安心して暮らして行ける環境を、私たち人間が作っていかなければなりません。

本当にいろんなことが重なりつぶされそうです。
前向きに頑張ります!
スポンサーサイト



プロフィール

ゴンママ@仙台

Author:ゴンママ@仙台
仙台で30匹の猫と生活。
その傍ら「棄てる命は作らない…!」と地域猫活動に力を入れています。


【ご支援口座】
ゆうちょ銀行
記号: 18130/番号: 6841811

他銀行からは
ゆうちょ銀行 八一八支店
普通預金
口座番号: 0684181

口座名:愛すべき野良猫の会

最新コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。