招き猫は福を呼ぶ

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 未分類
  2. [ edit ]

活動のご報告

こんにちは(#^.^#)
大変ご無沙汰しております。
ご送金下さった皆様、フードを送ってくださった皆様、ありがとうございます。
この約10日間、あまりにもいろいろなことがありました。
外猫現場のTNR&里親希望者様とのお見合い、保護相談者様との打ち合わせや面談、猫ちゃんの通院、搬送などなど。
そばで助けて下さる、かびごんサンには相変わらず、おんぶにだっこ状態でご迷惑をかけ放題です。
メルちゃんマロちゃんママのWさんには、捕獲、搬送のご協力を頂いており、大変助けられています。
元々は里親さんのお二人なのに…。
きっと、大雑把で適当そして教養のないゴンママが心配で心配で仕方がないようです((+_+))

毎日、毎日、書きたいことが山ほどあるのに…
猫さんを愛して止まない方々からのご相談がたくさ~んあって…
対応に追われておりました。
相談内容は、主にお外の猫さんについての悩みですが、それを聞いたゴンママが悩み苦しいんでしまいます。
毎回、記事を書いては下書きのまま何度も何度も放置状態を繰り返してました(+o+)

現在のゴンママ…
外猫捕獲現場がお盆過ぎから6か所もあり、寝る間を惜しみ頑張っておりました。
早朝、昼間、夜間、夜中と、仕事の合間、動いておりました。
ここ1週間以上はパソコンを開いては閉じるの繰り返し。
ホント暇がない…((+_+))
分刻みで動いておりました。

今、私は、緊急で保護したい子猫ちゃんがおります。
そのため夜の繁華街にて視察を兼ねて知人と動いておりました。
と、いうのは個人で外猫の保護、里親探しをしている知人から、
交通事故でケガをしている子猫を保護したいので保護器を貸して欲しい…
保護をして治療をしてあげたいから…とのご連絡がありました。
子猫ちゃんは痛さで路地を転がって移動しているとの情報。
痛々しい姿だったと。
聞いてしまうとダメなわたし。
とことん探偵をしてしまうんです。
探せば猫と会う確率は増える訳です。
治らない持病だと思っております(*_*;

(8/30、猫ちゃんの寝場所を特定)
ご飯をもらえていることに安堵する。
P8300903.jpg

P8300904.jpg

(9/1、くつろいでいる子猫たち(3匹発見))
P9010920.jpg
兄妹身を寄せ合って休んでいました。

慌てて保護器を路地に設置したところ、店主に営業妨害だと大声で叱られた。
私があっちこっちと聞き回っていた姿を見ていたようで、餌やりをしていることを注意されると危惧したのだと思う。
お客さんが居たため、後ろ髪をひかれながらも素直に撤退((+_+))
ご飯を与えている人には感謝をしている身のわたし。
揉め事はひかえたいと常々思っている。
それも、猫ちゃんたちが生き延びるための手段ですからね…。

色々と調べたところ、箱の中の子猫は7年間産み続けたシャムママの娘猫がここで出産したとの情報を得る。
私が探している事故にあった子猫は、シャムママが産んだ子猫2匹のうちの1匹とのこと。
子猫を保護するためにもと、知人はシャムママをすでに捕獲し、手術後数日入院させているとのことでした。
シャムママが急に居なくなって子猫がママを探して移動をしたのなら自分は責任を感じるという内容でした。
子猫発見のためにもと、シャムママは9/1にリリースしました。
猛ダッシュで消えていきました。
P9010916.jpg
結局シャム親子が同時期に2匹と3匹の子猫を産み育てていたことになります。
店主と揉めたことをメルちゃんマロちゃんのママWさんに伝えると、夜の繁華街までわざわざ来てくれて…。
お客さんとして入店しドリンクを注文して、客として仲良くなってくれました…(^^♪
すると、店主はこの子たちが助かるのであれば、保護に協力をすると言ってくれたようで…。
親子猫の保護の了承までもらってくれた(#^.^#)
(若い女性だと店主の態度も違うのねん(# ゚Д゚))プンプン(; ・`д・´))

そんなこんなで、Wさんは夜中2時から保護器を設置し、子猫2匹を保護して、ゴンママ宅に早朝、届けてくださいました。
朝の5時に持ってきてくださいました。

子猫を保護後に、困ってしまった私は、即、電話をしてしまった先→もちろん「かびごんさ~ん」"(-""-)"
何とも失礼なわたしの行動です。
本当にいつもいつも申し訳ないと思っています。
やっと、るい・れい・ろい・らいの里親様を決めてくださったところに、またですからね…(-""-)"
(9/2、無事子猫2匹の保護成功)
P9020928.jpg
室内で保護器からキャリーバックに移し替えをして…
P9020925.jpg
そのまま、動物病院に行き、ウィルス検査・内外駆虫・インターフェロンをしました。
風邪症状が深刻だったのでワクチンは後日接種予定としました。
P9020930.jpg
この2匹の治療代はかびごんサンがゴンママのお財布事情を知っているせいか全額出してくださいました。
かびごんサンも、ゴンママと知り合ってから持ち出しがとても多しなんです。
申し訳ない(=_=)と共に感謝です。

9/2、かびごんサン宅に移動
P9020942.jpg
今も連日保護続行中です。
9/4、仕事が終わってから現地に向かう。
P9040971.jpg
路地裏から偶然子猫が顔を出した。
P9040970.jpg
視察に向かっただけだったので、保護器を持っていない( 一一)
一か八かキャリーバックのドアをはずして、奥にフードを入れてみた。
入り口を網で塞いで無事、保護成功。
P9040968.jpg

P9040973.jpg
この子猫ちゃんは知人ボラさんが引き取ります。
残すはケガをしているシャムママの子2匹。
実は、現在、目撃情報が全くありません。
そんなわけで昨夜から朝方にかけてWさんが動いてくださいましたが、有力情報なしです。
後日、娘猫の避妊手術とシャム母猫の子猫2匹の保護予定です。


こちらの場所と並行して動いていた夫の依頼の場所には三毛柄の子猫がおりました。
(8/18には三毛子猫の姿を確認していたのですが…現在行方不明)
DSC_0335_20150907013601cda.jpg
心残りはあるものの、とりあえず全頭の保護に成功いたしました。
ゼロです(^◇^)
6月から動いた場所はやっと完了(#^.^#)
搬送に車を出してくださったWさん、ありがとうございました。

夫の後輩宅では飼い猫ちゃん2匹(今年家に入れてくれた猫)の去勢&避妊手術も、
私の活動を理解して下さってご自分たちで負担をして施してくださいました。
当たり前のことなのに避妊・去勢は地域柄しなくてもいい!という考え方でした。
外の猫ちゃんについては、ご飯を与えてくださることを条件に、約束通り、ゴンママは泣く泣く負担をさせていただきました。
お婆ちゃんとお爺ちゃんには、無責任な餌やりをしていると、不幸な命が増え、子猫が犠牲になるということをわかって頂いたことで由とするしかありません((+_+))
保護器の設置のご協力も快くしてくださった爺ちゃん。
DSC_0046.jpg

ゴンママ負担の外猫現場では、久しぶりのMAX保護頭数でした(涙)
最初は子猫3匹の保護とママ猫の手術をするだけと思い動いたものの…。
ママ猫めいちゃんと子猫3匹を保護してすぐに壁の間から救出された子猫も1匹加わって…
子猫計4匹とママ猫(めいちゃん)をかびごんサンが快く預かって里親募集をしてくださいました。
(かびごんサン宅での様子)
1437968460173 多賀城子猫
残りは壁の間から救出した子猫のママ三毛で終了だと思っていましたが…
これでもか、これでもかと猫さんたちが保護器に入り、ゴンママは腰を抜かしました((+_+))
結局のところは子猫5匹と成猫三毛(メス)5匹、雄黒猫1匹=11匹の多頭の外猫現場でした((+_+))
不妊手術代は、獣医師に正直に訳を話して、分割でお支払い実行中です。
ゴンママが一気に支払える金額ではありません。
もし、三毛猫さんたち5匹が一気に子猫を産んだなら…と考えただけで、ぞっとします。
1.メイちゃん(かびごんサン宅)
2.ゴンママ宅で保護した生後1歳未満の三毛ちゃん
DSC_0314 (1)
P8120599_201509070048483f2.jpg
3.
P8180631_20150907021651f0e.jpg
P8180637_201509070216524af.jpg
4.
DSC_0053_20150907022837845.jpg
5.
P9020934_2015090710320337e.jpg

P9020941.jpg
6.
DSC_0055_20150907022839ad6.jpg
7.茶白の子猫
DSC_0058 (1)
また産んでしまったら大変だと焦りながら6月着手9月完了!
不安要素をお金で買うというくらいに考えないと、外猫さんに対して価値観の違う方とはお付き合いはできません。
お外の子が発情や出産の苦しみから解放される世の中になって欲しい。
ご飯を与えるのならTNRを考えて欲しい…
願いはただ、それだけです。
長かった~((+_+))
皆さまから頂きました支援金のおかげで助けられています。
ありがとうございます。

こちらと同時期に相談に乗っている場所は他にもありました。
外猫さんを想い悩んでいる方々はみんなゴンママの前で涙を流します。
保護先の確保やリリース後の猫さんを心配してのことです。
私も経験者ですから気持ちは痛いほどわかります。
毒をまく!猫を捕まえる業者に依頼している!どうせ捕まえるのなら持って行け!などなど、TNRは時として残酷な行為だと思うことが確かにあります。でも、文句を言ってくる先に「ここまで、私はやりました!一代限りなので見守ってください!」と、胸をはって言える口実だと思っています。
通りがかりに公園にいる猫さんを見つけて、いろいろと悩み調べた女の子がおりました。
動物管理センターに相談、地域猫に関するプリントをもらい、町内会長にも会ってTNRの話をして餌やりさんとも接触。
置き餌がある企業側とも交渉したもののリリースに理解がないことでくじけてしまっての相談でした。
保護先を探して動物病院に依頼したもののお断りされてしまい、餌やりさん2匹、彼女が2匹を保護してゼロにするということとなりました。企業側は餌やりは、敷地内立ち入り禁止を主張し、リリースの際も違う場所でのリリースを求められたとのこと。
彼女が里親探しをすることを条件に預かりました。
彼女がTNRのために負担したお金はかなりの金額だったと思います。
餌やりさんはガンで余命わずか、外から家に入れた猫さん3匹と同居しています。
手術代はすべて彼女の負担でした。
メス4匹、雄2匹のお支払いを彼女が餌やりさんに代わって支払っています。
保護器を貸して即、ご自分一人で動き保護→手術、病院搬送をしております。
姉妹で入居
サビ柄の猫ちゃん
150829_075126.jpg

現在入院中の猫さん
P8310912.jpg
彼女が写真を撮りに来て里親を募集します。

ご支援に感謝申し上げます。
埼玉県のK様、ありがとうございました。
P8240784.jpg
このたびは、お外の猫ちゃんを救ってくださいましてありがとうございます。

おと家さん、わざわざ届けてくださってありがとうございます。
ご友人様にもよろしくお伝えください。
P8160620.jpg

KAさん、ご支援ありがとうございます。
いつもご心配頂いてありがとうございます。
P8180627.jpg

M@世田谷様より支援品を頂いております。
ありがとうございます。
P9030965.jpg

AT様ありがとうございます。
お電話で話ができてよかったです。
P9030964.jpg

太白区ご近所にお住いのY・F様より、かびごんサンを通じてロイカナ10kg・カルカンパウチ、ちゃお缶などなど頂きました。
大変感謝しております。
皆さま、お気遣いくださいまして本当にありがとうございます。
大変助かります(#^.^#)

三毛たんともっちは、かびごんサンの里親募集のお蔭で2匹セットでお迎え頂く方が現れました。
3年も我が家に居た子なので。ゴンママ自ら東京まで行きました。
子猫のあいちんを連れて…(#^.^#)
チビタさん、Sさん、大変世話になりました。
Sさんはホームまで出迎えて下さってお弁当を頂きました。
ごちそうになりました。

その時のお話はまた、後日とさせて頂きます。
夫の依頼の場所がゼロとになり、やっと、やっと時間に余裕が出ると思います。
多賀城市付近までの移動は超大変でした((+_+))
でも、もう産まないから安心(#^.^#)

コメント欄からご相談をよせてくださった太白区民さんの外猫ちゃんも4匹のうち、あと1匹の保護を残すのみで完了です。
こちらの猫ちゃんの件も後日ご報告とさせて頂きます。

ゴンママの移動時の状況です((+_+))
雨にも負けずです。
P8270842.jpg
P8270841.jpg

今もまだ、外猫相談が目白押しです。
センターでもお外の猫さんの苦情対応が大変とのことです。
お外の猫さんを思う人、そうでない人、どのように話を進めていけばいいのでしょうね((+_+))
出来る限るお外の猫ちゃんの相談を受けてきましたが、ちょっと、大変なことになってきているわたしです。
ご飯を与えている方は近隣トラブルになるまえに考えて欲しいです。
ブログに書けないことがたくさんあります。

このたびは、ゴンママ自らTNR会議に参加をさせて頂きました。
P8230779.jpg
外猫さんに理解のある仙台であって欲しいです。
昨日、ここまで、記事を書き終えておりました。

そんな時、かびごんサンから、繁華街から保護した子の1匹の呼吸がおかしいと連絡を頂いており、捕獲の現場に動いておりましたが、ぎりぎり午前中の診察に間に合いました。二人で動物病院へ。
レントゲンの結果
P9060989.jpg
リンパ腫でしょうと。胸水が肺を圧迫し、かなり苦しいだろうという現実を知ってしまい愕然とする。
せっかく居場所を探して突き止めて…
Wさんが寝ないで保護してくれたのに…と。
ウィルス検査結果が陰性なので、白血病ではないと安心しておりましたが…

リンパ腫で、しかも、余命わずかだと…。
すっかり、動きが止まったゴンママ&かびごんサンです。
また、かびごんサンを泣かせてしまいます。
どうしよう…、
かびごんサンが検査代を含めた診察料を全額負担してくださいました。
申し訳ない…。
そんなご報告でした。

ためると長~いブログを読んで下さってありがとうございます。
日々、泣いたり笑ったり、反省したりのゴンママです。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:ゴンママ@仙台
仙台で30匹の猫と生活。
その傍ら「棄てる命は作らない…!」と地域猫活動に力を入れています。


【ご支援口座】
ゆうちょ銀行
記号: 18130/番号: 6841811

他銀行からは
ゆうちょ銀行 八一八支店
普通預金
口座番号: 0684181

口座名:愛すべき野良猫の会

最新コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。