招き猫は福を呼ぶ

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 地域猫
  2. [ edit ]

命と向き合うことが… 切ない…

こんにちは~~(^^;)
最近、ご無沙汰のゴンママです!
出勤前のバタバタ更新です(^◇^)

いつも、応援して下さる皆さまありがとうございます!
皆様に感謝をしての活動です!

身近でわたしを支えて下さる有志に恵まれ、心にぽっかりと穴が開いても、
直ぐに元気を取り戻し何とかやっていけてるゴンママです(#^.^#)
同じ想い、同じ気持ちの仲間に囲まれて…、常に感謝感謝のわたしです。
ありがとうございます。

突然に動かざるえないことに、ぶち当たるわたし…。
これでもか!これでもか!と行き場のない猫ちゃんのレスキューを頑張ってきましたが…。
ここに来て、涙、涙、涙です。
相変わらず、自分勝手に自己満足で動いておりました。
「不幸な命は産ませない!!!産ませてはいけない!!!」と常に思っていますが…。
至る所に猫さんは沢山います。
ゴンママ餌場の猫ちゃんたちにも日々胸を痛めながらの餌やり…、
「この冬も頑張って、生きるんだよ~!」と声掛けしながら…。


11/8にやっと元を断つという意味で「K公園」のお母さん猫の捕獲の為に家族が寝てからコッソリと現場に向かった。
平日にはご飯を貰えるけど、週末は貰えていないことを知っているから…。
日曜日狙いで出かけた。

外猫さんを愛して止まない方々に視察に行ってもらった際、「ご飯のお皿が撤去されていますよ~!」との連絡が入る。
「まだママ猫が残っているからご飯を置いて帰って欲しい…」とお願いをしておりました。

そして、いよいよ11/8日曜日にゴンママが動き、植え込みを覗いたところ、またお皿が撤去されていた(>_<)
「どんなにか、お腹をすかせていただろう…」と、悲しくなる。
1日数回は必ず、ママ猫は公園にやってくると聞いていたので、不憫に思う。

ビニール袋に反応をする猫たちだったので、カシャカシャとビニールの音をさせながら、
うしまるさんと会話をしながら公園内を探索する。
DSC_1106.jpg
そんな時、自転車置き場の陰から顔を出した猫さんをターゲットに保護器を設置。
周りが暗くてママかどうかの判断はつかなかったものの(>_<)設置した。
DSC_1107.jpg

保護成功
DSC_1109.jpg
どうか、ママであって欲しい…。と願い帰宅。

ひとつの現場をゼロにするという強い思いがないと、TNR活動は出来ませんし、手を出してはいけないと思うのです。
1匹でもメス猫さんを残すと、また、産まれてしまいます。
負のスパイラル…。
1つの現場にかかる日数は早くて1か月。3か月かかることも多く、TNRは徒労に終わる大変な作業なんです。

帰宅後、保護器では狭くて可哀想とケージに入れ替えて、かびごんサンから頂いたベットにママを入れた。
151109_002120.jpg
朝9時にベットごと洗濯ネットに入れて動物病院に搬送。

全頭の保護完了に安堵して出勤しようとしていたところ、獣医師から連絡をもらう。
「大変です!お腹を開けたら出血がすごい!」と。

わたしに保護される前に交通事故にあっていたようで、子宮付近が内出血とのこと。
あわてて病院に向かいママと対面。
DSC_1125.jpg
リリースしますか?引き取りますか?
万が一助かったとしても短命だと思う…とのことでした(ノД`)・゜・。
助かったら連れて帰るので最善を尽くして欲しい…と言い職場に向かった。
左が健康な猫のレントゲン
右がママ猫のレントゲン
DSC_1126.jpg

内出血で血の海だったママのお腹の中(子宮付近)
DSC_1137.jpg
職場に向かったものの会社を休み、Uターン。

色々とネットで調べたわたし。
横隔膜ヘルニアの猫さん出産の記事を見つける。
↓↓
「横隔膜ヘルニアの猫が出産しました。4匹誕生いたしました。
どうして避妊手術をしないかというと、横隔膜ヘルニアという病気を抱えているから。
手術をしないと治らない反面、手術がとても難しく、なおかつ死に至る病気ではないこともあり、医者と相談し様子を見て、このまま生きて行くことにしたほうがよいかどうか判断しているところです。

生き物の体は人間も動物も同じく横隔膜によって上半身と下半身の内臓に分かれていて横隔膜に小さな穴が空いている為に下の内臓(胃腸)が、穴から上半身へ入り込んでおり、心臓と肺のまわりになんと腸があるという、実に難しい体になっていて、そして手術をするために一度開腹すると、それまで真空だった上半身(心臓、肺があるところ)に横隔膜の穴から空気が入ってしまうため、手術をすることによって、生き続けていけるはずが、その時点で死に至る可能性があるというのです」と。

わたしは避妊手術が引き金になって死んでしまうという恐怖でした。
もともと先天性横隔膜ヘルニアだったところに、交通事故に遭っていたのだろうとのこと。
結局、牛柄ママは手術後に亡くなってしまいました。
私はママを殺してしまった罪悪感で、立ち直れず(>_<)

哀しみの中、ずっと私が探していたお母さん猫かどうか?
病院で写真画像の猫と亡骸の猫の柄をを照らし合わせて確認した。

死んでしまった牛柄ママ…
あふれる涙をふきながら柄の確認…。涙が止まらない…。
DSC_1130_20151113113053c48.jpg

間違いなくわたしが、ずっと探していた猫さん。
よさこいのイベント会場で鍋を舐めていた猫さん。

牛柄ママは亡くなってしまいました(ノД`)・゜・。
12208525_1503251883302622_1809296897467725693_n.jpg

こんな元気だったのに…
DSC_0637 (1)
避妊手術が引き金になって…。
私が殺してしまったと…
悔やんでも悔やみきれない思いでおります。
何とも、切なく哀しい涙・涙の日々を過ごしております。

外を自由に生きている猫さんを保護器で捕まえて、怯えさせて、震えさせて…
病院に搬送をして避妊手術をすることに対して、私が慣れることは決してありません。

いつも、猫さんに伝えます。
「ツラい発情・妊娠・出産・子育て…大変だったね。もう、しなくていいんだよ~!」と語りかけて搬送します。
こんな徒労に終わることお金のかかることを誰も好んではいたしません。
外の猫さんに不幸な命を産ませないため!ただ、それだけの思いです。
猫が可哀想だからこそ動くんです。
そこに付随する人間関係には、まったく興味のないわたし。悔しいけれど、えさやりさんとも仲良しになります。
リリースした子のご飯の確保が優先だから……(ノД`)・゜・。

先日の足切断猫さんに続き、今回の件は、あまりにも悲しくて立ち直れないわたしです。
白黒ママに申し訳ない気持ちでいっぱいです(ノД`)・゜・。
K公園は、子猫三毛ちゃん(アベさん保護)1匹と白黒5匹、そしてママ猫のすべて保護を完了いたしました。
結果、哀しい結末にはなりましたが…
ママ猫の分まで子猫ちゃんたちの幸せを考えてあげようと思います。
K公園白黒family6匹の医療費は116,789円かかりました。
ママ猫の手術代はレントゲン、血液検査を含み37,000円のところ13,250円の値引きをして下さって25,650円のお支払い。
10/11
鼻気管炎治療2,700円

10/13
インターキャット1瓶購入
6,150円

10/13
最初に保護した2匹
コンベニア・ブロードライン・補液
11,300円

10/17
ハチワレちゃん検便
コクシ薬
2,120円

10/18
ウィルス検査3匹・風邪の酷いハチワレちゃん以外のワクチン代・風邪薬
14,060円

10/24
インターキャット点眼
540円

10/24
風邪の酷いハチワレちゃん以外の3匹不妊手術(雄2・雌1)
35,219円

10/26
10/25最後の子猫保護
不妊手術・風邪治療・ウィルス検査・ワクチン・内外駆虫
15,450円

10/28
結膜浮腫にてマスクちゃん(3番目に保護)治療
3,600円

11/9
横隔膜ヘルニア白黒ママ猫の手術代金
37,000円のところ
25,650円
(合計)
116,789円
DSC_0046_20151113082005b9f.jpg

DSC_0047_2015111308200636c.jpg

DSC_0048.jpg

DSC_0049_20151113104628159.jpg

DSC_0050_20151113082657bbb.jpg
公園の猫さんの為に身近の方よりカンパを頂いております。
あべ様20,000円
W松様32,000円
金田様11,000円

ハチワレくん里親みうら様
10,000円
(合計)
73,000円
(自己負担)
43,789円でした。


前回の交通事故の切断猫さんの手術費
32,000円に関しては、うしまるさんから2万円のカンパを頂きました。
DSC_0051.jpg
(自己負担)
12,000円でした。

青葉区K地区は沢山の成猫&たくさんの子猫の保護で、
総額247,874円かかっています(ノД`)・゜・。
地域のOご夫妻からのカンパ22,000円を頂いております。
(自己負担)
225,874円でした。

ゴンママ宅の保護猫の治療費・夫の依頼現場残金分獣医師にお支払い済
160,440円です。
(デジカメを失くした為領収書の写真は、今晩から掲載をいたします。すごい枚数なんです)
9月から10月までの間にこれだけの医療費…在りえない(>_<)
ゴンママさん、出すだけ出したヘソクリは、もう底をつきました。

ゴンママ餌場に今、3匹のオス猫さん出没をしております。
(ターゲットの猫くん)
DSC_0022.jpg

DSC_1082.jpg

その他パチンコ屋の親子猫さんを家に入れてくれたおじさんにも、三毛子猫の避妊をする約束になっております。
今年中に手術をしなければならない猫さん4匹。
しかし、自分の餌場の猫さんは後回しになっています。
今後は自分の足元の改善を…と思っています。
今回は3本脚の猫さんレスキューで胸を痛め((+_+))
今回のママ猫死亡で…ガクンと力が抜けてしまいました(ノД`)・゜・。
お外の猫さんは過酷な環境の中、必死に生きています。
太く短い猫生です。
TNR後に安心して暮らして行ける環境を、私たち人間が作っていかなければなりません。

本当にいろんなことが重なりつぶされそうです。
前向きに頑張ります!

スポンサーサイト

  1. 地域猫
  2. [ edit ]

多頭飼い崩壊寸前( ゚Д゚)

こんにちは(#^.^#)

色々なことで心乱れているゴンママですが…、
更に色々な難題が重なりました。
多頭飼い崩壊寸前のお宅があり、家の中に7匹の猫さんが居るというものでした。
今年の2月に7匹を確認しているとのことでした。
友人で大家のWさんからのご相談でした。
Wさんは、猫さんにかかるすべての費用を出して下さいました。
ご自分所有のペット不可住居で、まさか、こんなことになるなんて?!と驚いた様子でした。

無責任な飼い主に飼われた猫さんのレスキューで1年が始まり、終わるといった感じの年でした~(>_<)
ゴンママ、お部屋に突入
案の定、7匹のはずが!!な、なんと9か月の間に16匹!!!!
雌猫ちゃん3匹が可哀想に受胎していました(>_<)
飼い主に対する怒りよりも、まずは、助けなければと電話した先は→うしまるさ~ん助けて~!!!と。
(お部屋に潜入)
お部屋は片付いていたものの、マーキングのオシッコで目がチカチカ(>_<)目を開けていられない(>_<)
DSC_1084.jpg
飼い主Aおじさんに捕まえてもらう。
DSC_1090.jpg

DSC_1096.jpg

DSC_1098.jpg

DSC_1099.jpg

子猫たちは、地域猫に理解のある動物病院に保護して頂きました。
生後39日で、200gくらいだったそうです。
可哀想にノミさんがたくさんいたそうです。
ノミに吸われて貧血になった子猫を過去にずいぶんと見てきました。
本当に、可哀想です。
151106_152444.jpg


レスキュー後の成猫さん7匹でした。
4匹は命のリレーの安倍さんが保護して下さいました。
DSC_0119_20151113110300d2e.jpg
DSC_0120_20151113110301b9a.jpg
DSC_0121.jpg
(1匹だけ写真取り忘れ)
メルマロママが搬送してくださいました。
コチラをご覧ください。
http://inochinorelay.blog.fc2.com/



茶白くんは、みやびくんの名前を頂き、かびごんサンのお家に保護して頂きました
DSC_0122_201511131103049cb.jpg
コチラをご覧下さい。
http://kabigonsatooya.blog.fc2.com/blog-date-20151111.html



赤ちゃんを産んでいた2匹のママ猫は「うしまるさん」に保護して頂き、見守って下さっております。
(黒ちゃんは生後3か月の子を育てていました)
既に受胎していました。
2015111022310000.jpg

生後39日の子猫におっぱいを与えていました。
2015111118560000.jpg

2015111118550000.jpg
おっぱいがパンパンにはって可哀想…と、うしまるさんから連絡を頂いております。
黒ちゃんは血尿、三毛ちゃんは乳腺炎にて通院してくださいました。
忙しい、うしまるさんにご迷惑をかけています。

色々なことが重なってゴンママ、大変だからと、周りの方々が助けてサポートしてくださいました。
本当にありがたい。ただ、ただ有難い。
常に感謝の気持ちを忘れずにいたいと思っています。

身近で快くゴンママに代わって車を出して下さるメルマロママ Wさんにも大変お世話になっております。
猫砂購入まで、お付き合い下さいます。
DSC_1101.jpg

笑える画像も送って下さいます(#^.^#)
逃げた猫を捕まえるゴンママのお尻画像
DSC_0072_20151113110708d43.jpg

DSC_0073_20151113110710cb1.jpg


哀しい時に駆けつけてくれる仲間や、ふとした時につい笑える仲間は私の財産です。
身近で助けて下さる方々には、本当に感謝をしております。
かなり、精神的につらかったのですが、もう、大丈夫頑張ります!


実は、今、仕事がとってもハードです(>_<)
データー投入業務で目がショボショボ、肩がバリバリ状態で帰宅します。
お年なのね~~~~~(>_<)

ご支援をして下さっている皆さま、フードを送って下さる皆さま、本当に感謝をしております。
その分を医療費に回すことが出来ます。
9月から10月までの会計報告は、コチラのレシートを計算するだけです。
DSC_0045.jpg
2か月ためてしまいましたので、少しお待ちくださいませ。

TNR代でかなりの出費です(>_<)
どうか、継続的なご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

主婦のゴンママ一人の力では、今居る猫ちゃんと共倒れになるのでは?と常に不安でいっぱいです(>_<)
自己満足で首を突っ込むお節介のわたし。今頃になって、少~し、後悔もあるかな…。
でも、待ったなしの状況ばかり、
ホント、トホホですね(>_<)


家に帰るとハチ爺さんに慰められて、癒されて…です(^^;)
外猫を想い切ない時、猫に癒されるわたし。
実は亡くなった、しま次郎と同時期にハチ爺さんは、まったくご飯を食べなくなった…。
いよいよダメかな?と思い観察していると
歯が痛くて食べれないような感じが…。
獣医師は麻酔をかけることを躊躇…
「私がお願いします!」と出勤前に預けて口の中の洗浄と抜歯をおねがいしました。
DSC_0897_20151104024015cd1.jpg

DSC_0896_20151104024014b67.jpg
帰宅してから2日間は全く食べず心配しましたが…。
復活しました~(^^;)
今ではドロボー猫に!!!
DSC_0724.jpg

DSC_0725.jpg
良く食べて、良く眠る健康体です(#^.^#)
飼い主からの連絡はありませんでしたが、猫が多いゴンママ宅でとりあえず幸せそうです。
DSC_0727.jpg

飯~まだ?
DSC_0968 (2)

車に乗る~乗る~!
DSC_0800.jpg
頭の模様が面白い(#^.^#)
DSC_0801.jpg


国分町お父さんも幸せなのか?どうなのか?
相変わらず動く距離は1m範囲…
よく繁華街で生きてこれたね~と言っています。
P1020681.jpg

P1010439.jpg

DSC_0448.jpg
チャオは良く動き遊び、食べる!
DSC_0674.jpg

みんなと仲良し!
DSC_0978.jpg

猫ちゃんと遊んであげているというよりも、ゴンママが遊んでもらっているのです。
151031_093112.jpg

151031_093210.jpg

勾当台公園3番目に保護した子
もう少しで馴れそうです。
151031_095352.jpg
疲れて家に帰っても、外の過酷さを知っているだけに、この子たちは保護されて良かったんだ!と思っています。


飼い主死亡の中山そっくり兄妹の時も、捕獲の時にもう1匹居た~~~~!!!とびっくりするほどの瓜二つだった。
DSC_0971 (2)
白黒猫の分別がつかず(>_<)


ゴンママの現在の餌場…
高齢のメンバーが気になっています(>_<)
毛並みの悪さを見ると腎臓系が心配です。
DSC_1053.jpg

このように、お外の猫さんの環境は過酷です。

こうならないために、私が、常に言いたいことは、避妊・去勢の徹底です!!
ダウンロード (2)
(画像をお借りしました~)

長いブログにお付き合いを下さいましてありがとうございます。
ご支援物資の画像は後程掲載させて頂きます。
ゴンママ、出勤の時間が迫ってきました。

M@世田谷様
ウェット送って下さいましてありがとうございます!
かびごんサンを通してお菓子も頂きました。

泉崎の猫ちゃんの為にH・T様、ありがとうございます。

K野様、猫すな頂きました。
ありがとうございます。

皆皆さまに感謝をして、頑張ります。
お外の過酷な環境の猫ちゃんの幸せを願って已まない、ゴンママでした~~~!


  1. 地域猫
  2. [ edit ]

ただ、黙々と。

大変ご無沙汰しておりました。

ホント毎日が忙しいゴンママです!
一昨年より、去年…
去年よりも今年の方が、猫ちゃん保護で忙しいですね~(^^;)
あと、残すところ2か月で今年も終わりです。
早いものですね。
なぜか、いろいろなことが重なった…。
色々なところへ首を突っ込み自己満足まっしぐら…
そしてお節介な私…。
性格なのでしょうね…(←今頃、理解した(^^;))
現場監督のように、お外で頑張っておりました!

勝手に忙しいのが、わたしなんです(^^;)
外猫相談では一人悩んで、管理センターに相談に行き、,訴えたりもしていました。

猫ちゃんのSOSでは…
おりたてネコ物語さんに相談に乗ってもらったり、うしまるさんに状況を聞いてもらったりと、
身近に居る方々からの手助けがたくさんありました。
おりたてさん、うしまるさんには、金銭面で助けて頂きました。
お二方ともに、ご自分も大変なのにと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
本当に有難いことです。
搬送については、光生ママのIさん、メルマロママWさんに動いて頂いておりました。
お互いさまでカンパし合える仲間が居ることは、わたしにとっての財産だと思います。
助けて助けられての活動です。

センターボラのW松様から32,000円、アベ様から20,000円のカンパを頂いております。

県北のSさん(繁華街K町シャム婆さん保護主)からも5,000円頂いております。
今回はうしまるさんから、20,000円のカンパとフードを送って頂いております。
たくさんのウエット、外猫さんに早速食べさせました(^◇^)
DSC_1071.jpg
ありがとうございます。

K公園で最後の5匹を執念で保護してヤレヤレ((+_+))と思っていたところに…、
いつもお世話になっている獣医師より相談あり。
骨がむき出しになった3本足の猫が彷徨っている情報。
緊急を要す状態だ!放っておけば敗血症で死に至る…、
患部は化膿して臭いを放つほどらしいが、捕まらないというものでした。
その猫を助けたいという人からのSOSが獣医師に入り、悩んでのことでした。
わたしの連絡先を伝えて欲しいと言い、本人からご連絡を頂いたところ、
色々なところに相談してきた…、何とか助けたい!!!と。
万が一保護できた場合、足切断手術においては、15万円はかかる。
助けたいけどそこまでの金銭的な余裕はないけど、4月からずっと、心配で眠れないとのことでした。
まだ若い男性で外猫ちゃんを10匹保護して家に入れているという方だったので賛同したわたし。

ご飯を与えている飼い主と名乗る人から、「放っておいてほしい」と言われ、手を出せないとのことだったので、
飼い主が医療行為をしないのは、虐待にあたるのでは?と、センターにも連絡をする。
行政指導に行ってもらう為にも、一人よりは二人と思い、おりねこさんに同行をお願いいたしました。
外から覗き込み猫ちゃんの姿を確認する。
また?パンドラの箱???という不安がよぎる(ノД`)・゜・。
DSC_0988.jpg
そこに、おりねこさん到着。
二人で 「こんにちは~」と店内へ。
至る所に猫ちゃん…((+_+))
DSC_1009 (2)
DSC_1006.jpg
DSC_0998.jpg
DSC_0994.jpg
虐待の可能性はゼロで、店主は優しく猫と接していた。
しかし、10匹すべて未避妊・未去勢とのこと(ノД`)・゜・。
三本足の猫ちゃんについては、外猫さんで目の前の道路で交通事故にあったらしいと。
飼い主のいない外猫さんなら切断手術をしてあげたい!治療をさせて頂きたい!と申し出る。
店主から了解を頂き、保護器と1段ケージをお渡しして捕まえたら連絡を下さるようにお願いをいたしました。

鼻気管炎のひどい黒子猫ちゃんをおりねこさんがその場で引き取って下さいました。
DSC_0995.jpg
避妊去勢についても丸ごと引き受けて下さるとの有難いことばに、今回は感謝をしてゴンママは甘えさせて頂きました。
おりねこ代表Mオバサン、ありがとうございました。
TNRはおりねこさん担当、足切断手術はゴンママ担当というお話で決着。
猫さん目線な者同士即決です(^◇^)
中猫さんについては、おりねこさんが里親探しまでを引き受けて下さるとのこと。
チビタさんから頂きましたご支援金2万円をチビタさんからご了承を頂きまして、おりねこさんにお渡しいたしました。
全然、足りないのに申し訳ないと思いながら…。

店内では、日差しの中、猫ちゃんたちは幸せそうでした。
店主に色々とお話を聞いたところ、墓地に捨てられた猫ちゃんを可哀想に思い、ご飯を与えていたところ子猫が生まれたというものでした。
10/27
おりねこさんと視察
10/28
不妊手術の為に病院搬送。(男の子7匹)
足ケガの猫ちゃん保護の為に保護器と1段ケージをお持ちする。
DSC_1014.jpg
一緒に動物病院に同行
151028_110711.jpg
151028_110717.jpg
151028_110014.jpg
7匹男子の搬送・手術を完了したとご報告を頂いております。
丸投げ依頼を快く引き受けてくださいました。感謝です。
10/29
おりねこさん自ら女の子3匹を動物病院に搬送して下さって避妊手術を終了しております。
視察からたった三日で全頭の避妊・去勢を終了してくださいました(#^.^#)
ただ、ただ有難い。
同日夕方足ケガの猫さんを捕まえたとメールを頂きました。しかし、職場の10分休憩中でした。
困り果てて光生ママに連絡をしたところ、動いて下さいました。
DSC_1040_20151103200205bce.jpg
化膿して炎症しておりました((+_+))
臭いが鼻をつく(>_<)
どんなにか痛かったことでしょう。
所有権の問題があるのですが、私が引き取るとの条件で店主から了解を頂きましたので、手術の同意書はゴンママ記入をいたしました。肩からの切断手術をすることに同意をいたしました。
DSC_1041 (2)
獣医師の配慮もあり、切断手術・去勢手術・ウィルス検査・ワクチン接種・血液検査全項目・内外駆虫までをして下さって値切るゴンママに拍子抜けしながらも「5万円」でお付き合いを下さいました。
依頼者から2万円、ゴンママ3万円の出費だけで済みました(#^.^#)
獣医師にはとてもとても感謝しております。

翌日面会に。
猫ちゃんは、元気でした。手術に耐えてくれました。
DSC_1056.jpg
触れます。
DSC_1057.jpg
食欲も旺盛だとか(#^.^#)
ウィルス検査はエイズ・白血病陰性
DSC_1054.jpg

11/2退院
DSC_1066.jpg
DSC_1065.jpg
DSC_1057.jpg
心配で眠れなかったという相談者さんの猫ちゃんとしてS家にお迎え頂きました。
めでたし、めでたし(#^.^#)


K公園は10/25 夜10時 最後の子猫の捕獲成功(^^;)
DSC_0932 (2)
夜遅かった為に獣医師を起こしてしまった。
そのまま病院に搬送
(去勢・ウィルス検査(-)・ワクチン接種・内外駆虫済)
風邪が深刻、可哀想に涙鼻水ぐしゃぐしゃ(>_<)
DSC_0933 (2)
見事なほどの5匹全部白黒兄妹だった~~~(>_<)
男の子4・女の子1。
最後だと思っていた子の後、「まだ、居るよ~~」の連絡で動いたゴンママ…
やはりもう1匹おり、最後ではなかったのだ(ノД`)
DSC_0949.jpg
(最後の2匹、これじゃ、ソックリすぎてわかんない)
DSC_0986 (2)

本当に、これで最後なのか?と、何度も見に行き居ないことを確認しています。
DSC_1019.jpg

DSC_1023.jpg
ご飯の容器の下にお手紙を置いてきました。

お見事なほどの白黒猫兄妹にぶったまげたゴンママでした~。
餌やりさんを探してTNR代金の協力をお願いするべきというセンターの考えは理解していますが…、
それは不可能だということをこれまでの活動で理解をしているゴンママです。
もちろん、一番好ましい形だと思いますが現実は……(ノД`)・゜・(ノД`)・゜・。。です。

子猫たちの避妊・去勢手術を施しました。
子猫全頭の保護が終了してヤレヤレですが、残すところお母さん猫さんだけです。
(夜10時に見たとの情報があり、写メを送って頂く)
DSC_0637_20151103204345681.jpg
K公園ママ猫捕獲については、餌やりさんを巻き込んで頑張ります!
リリース後のご飯の確保が第一ですからね。
ここまでは何が何でも捕まえます!
保護した子猫たちの為にも、これ以上「不幸な命は産ませません!」


K公園に子猫が居る!!!という情報はセンターのボラさんから聞きました。
「あんなところに子猫?」とても心配になりました。

イベント会場後片付け後、植え込みで子猫を見つけて胸を痛めたのは「わんにゃん仲良しクラブ」さんのアベさんでした。
早速バスを乗り継いで三毛子猫を保護して下さっております。
その子は先日の里親会にて貰い手がついております。
ラッキーガールです(^^♪
DSC_0715.jpg
この三毛ちゃんは、まだ、小さく公園に遺棄されたのでしょうね。
白黒兄妹とは関係のない子のようです。
月齢も違いました。

あいにくの雨でしたが「わんにゃん仲良しクラブ」さん主催の里親会にゴンママご挨拶に伺いました。
そして、たくさんのお土産を頂いてきました~(#^.^#)
猫さん用フード&おでん具材です(^◇^)
DSC_0734.jpg

DSC_0736.jpg

チャメも一緒だったので、チャメ用首輪を購入させて頂きました。
DSC_0721.jpg
W松さま32,000円、アベ様20,000円、金田さん11,000円
K公園の猫たちの為に頂いております。
ありがとうございました。


気になる場所3か所のママたちが、なかなか手ごわい(ノД`)・゜・。
なぜかすべて白黒母さん…。
繁華街K町・青葉区K地区・K公園
(3K?キツイ・キタナイ・キケン)
あ~だから捕まらないのか?な~んて理解したりして…。

10/24
K公園の子たち風邪治療・不妊手術の為通院。
DSC_0899_201511032055403ba.jpg

不妊手術・ワクチン・ウイルス検査(-)・内外駆虫を終えています。
ハチワレちゃんのみ風邪症状が深刻の為、そのままお迎え頂いております。
公園では、子猫を見守っていらっしゃる方々の中に、保護したいと願っている方がおりました。
一番最初に保護した兄弟↓をミウラさんが2匹一緒にお迎えくださいました。
DSC_0703_201511032355184c5.jpg
夜、キャリーバック持参でゴンママ宅に来て下さいました。
DSC_0909_20151103210531b9f.jpg
まだビビり2匹なので洗濯ネットに入れてお持ち帰り頂きました。
すっかり、馴れたと連絡を頂いております。
その際に、ご支援金1万円・おやつ・お土産を頂きました。
DSC_0910.jpg
ミウラ様、どうぞよろしくお願いいたします。
さっそく幸せ画像を送って下さいました。
ハチワレくんはいまだに風邪治療中だそうです。
image1.jpg
兄妹全頭の保護に一番安心したのは、この私かもしれません。
みんな風邪症状がひどいです。
交代で通院(>_<)
10/28 2匹連れて通院。
結膜浮腫あり。
DSC_1028.jpg

DSC_1029.jpg

DSC_1032.jpg
早く風邪を治して1匹は金田さん宅にまいります。


実は11/2 午前9:44 しま次郎天国へと旅立ちました。
しまじろうを外から家に入れて、約1年。
腎臓疾患の為補液・貧血の為造血ホルモン注射をしておりました。
P7250258_20151103065513b20.jpg

150917_133711_20151104013642f4d.jpg
もう少し頑張ってもらいたかった…
残念です。

(お外時代)
P1030510.jpg

DSCN0425.jpg

P1030340.jpg
毛艶が悪く心配しての保護でした。
彼はとても馴れていましたから、きっと飼い主に遺棄されて餌場にたどり着いたと思います。
ゴンママ在宅中に逝ってくれたのだけが救いです。
看取ることができました。
昏睡状態の中、静かに息を引き取りました。
苦しまなかったと思います。
亡くなる2日前まで食べてくれていました。

亡くなる前日
DSC_1051.jpg

151029_093154.jpg
もう少し頑張れると思っておりましたが、病には勝てませんでしたね。
このように、お外で暮らした猫さんの猫生は短いのですね。
もう少し早く連れてこればよかったと、反省のゴンママです。
ゴンママの餌場の猫さんたちは、まだ、5匹います。
どうか、この冬も頑張って欲しいと願うだけです。
過酷な環境の外猫さんがTNR後に、餓えることなく安心して暮らせる世の中になって欲しいです。
わたしの願いです。

相変わらず、ためると長~いブログです。
昨日は外猫捕獲相談者と会って、動物病院を紹介させていただいております。
メルマロママWさん、保護相談で知り合ったS様、県北のSさんが現場まで駆けつけて下さいましたが、捕獲ならず。
餌やりさんから、ご飯をもらっている猫3匹を家に入れてあげたいとのことです。
保護器2台お貸しいたしました。
寒くなったので、お家に入れたいとのことです。
マンション駐車場には、「餌やり禁止」の張り紙と防犯カメラ作動中の張り紙が張られておりました。
ゴンママ、バッチリ映ったことでしょう!
ゴンママ近所の猫ちゃんの不妊手術搬送等々の依頼も多く、できる範囲でのご協力をさせて頂いております。

ご支援に感謝申し上げます!
かびごんサンと通じて、フードを受け取っております。
ありがとうございます。
DSC_0917 (2)
DSC_1013.jpg


チビタ様からお菓子、ご支援金を頂いております。
DSC_0916_20151104021935b9c.jpg
お菓子はゴンママの腹の中、ご支援金の2万円はおりたてさんにお渡しいたしました。
ありがとうございました。

M@世田谷様からも、支援物資を送って頂いております。
いつもいつも、気にかけて下さいましてありがとうございます。
DSC_1074.jpg
皆さんに支えられて励まされての活動です。
いつも、応援して下さる皆さまありがとうございます!


ゴンママ、最近、家に帰って来てからPCを触ることがめっきり減ってしまい申し訳ありません。
今の勤務の大半がPC投入業務なんです( 一一)
ひたすらデータ入力&チェック業務の為、眼精疲労と疲れで、いつのまにか爆睡(>_<)
猫トイレのスコップを持ったまま寝ていることが多くなりました(^^;)

会社側の配慮で、入力を第一に覚えてから着台したほうが、ミスが少ないからとのことなんですが…。
50歳ババアゴンママ、クタクタになり帰宅((+_+))
フェイスブックなら簡単に更新できるかも~~~なんて、思っていましたが、それさえもできない状態でした。
K地区・K公園のTNR代金の会計報告を2.3日中にさせて頂きます。
獣医師に借りている代金をお支払いしてからの報告となります。

最近、獣医師に「負けて~!」と値切るようになりました(^^;)
身近で助けて下さった皆様、ありがとうございます。

かびごんサンが面倒を見て下さっている「ジンくん」のママもなかなか捕まりません。
昨日、捕獲するのに、Sさんが動いて下さっていますが、なかなか手ごわいとのこと。
二度と不幸な命は産ませたくないからと、TNR組は猫さんを追いますが、餌やりさんとの連携でないとホント難しいのです。
餌やりさんあってのTNRなのですが、営業中の店のまえでの捕獲を店主は極端に嫌います。
ジンくんのような可哀想な命を産ませないために無事に保護できるよう、ゴンママも保護器を積んでタイミングをはかろうと思います。

かびごんサンとジンくんの通院。
DSC_0908_201511040241347f5.jpg
苦しむことなく元気でいて欲しいです。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Author:ゴンママ@仙台
仙台で30匹の猫と生活。
その傍ら「棄てる命は作らない…!」と地域猫活動に力を入れています。


【ご支援口座】
ゆうちょ銀行
記号: 18130/番号: 6841811

他銀行からは
ゆうちょ銀行 八一八支店
普通預金
口座番号: 0684181

口座名:愛すべき野良猫の会

最新コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。